即入居ができる

並んだ瓦

私たちが賃貸ではなく自分の家(一戸建て)を持ちたい場合、いくつか選択肢があります。
一つ目が中古住宅を購入することです。
通常は土地も一緒についていきます。
二つ目が建売住宅を購入することです。
これは既に建てられた、あるいはこれから建てられる家を購入することですが、通常土地も一緒についてきます・。
そして三つ目は注文住宅を建てることです。
上記の2パターンとは違い、土地を購入するなり相続でもらうなりして用意しておく必要があります。
もちろん借地権の上に建てるのもありですが、トラブルが起こりやすくあまりおススメはしません。
この中で一番満足度が高い言えばどれでしょうか。
人がモノを購入する時に満足するのは、自分が思い通りのモノを購入した時ですので、設計から自分が関わることができる注文住宅を建てた人であることが多いのです。

では、注文住宅を建設する際に工夫をするべきことはどんなところでしょうか。
多くの人に共通するのはお金です。
できるだけお金をかけずにこだわりの住宅を造れたら満足感で満たされるでしょう。
ただ、むやみやたらと安い建材を使うのはおすすめしません。
やはり安かろう悪かろうだからです。
それよりもこだわる部分はこだわって、それ以外の部分はできるだけこだわりのない作りにすることで安くなると同時にそれなりの満足感も得られるはずです。
では、建売の場合はどうでしょうか。
建売の場合は、ほぼ出来上がったものか、まだ建築する前でも自分では設計に携われないためあまり工夫をするところはないように思えます。
ですが、まだ家が完成する前であれば契約することを前提に壁紙の色やフローリングの色を選べることもあり、購入の時期の工夫次第で満足感が得られるでしょう。